50代男性:ギックリ腰

来院動機

前日に重たい荷物を車に積んで、移動させようとした時に、腰に電撃が走ったような痛みが出た。背中を伸ばしたり、身体をひねると痛みが増加する。

2日後にゴルフの試合を控えているため、なんとか試合に参加したいと思い、インターネットで検索し来院された。

問診内容

痛みのきっかけ・動作痛

以前にも何回かぎっくり腰を経験している。

今回は、腰の痛みは強いが、歩行は可能で、ある程度の動きはできる状態である。

ただ、瞬間的な動きが辛く、特に身体を捻る・後ろに倒す動作が辛く、痛みが強くなる。

座っている状態から立ち上がり、何歩か歩くと、足先まで痺れを感じる。

身体所見と治癒経過

初回施術

急性の症状であるため、腰部の筋肉の緊張がかなりあり、熱感が強く出ている状態であった。歩行時には身体を真っ直ぐ保つことができず、くの字で歩行している。うつ伏せにはなることができる。

また、腰椎の前弯が強く、反り腰になっており、元々腰の筋肉が緊張しやすい状態であった。

まずはアイシングで腰部を冷却し、腰の熱感をとり、特別なローラーを用いて腰椎の配列をしっかり整え、筋肉の緊張の除去を試みた。

その後、鍼治療、運動療法を行い、筋肉の緊張・痛みを取り除く治療を施した。

治療後は真っ直ぐ立って歩行することができ、瞬間的な痛みもかなり軽減された。

次回の瀬術も筋肉の緊張や痛みを考慮しながら行なっていく。

2回目の治療

瞬間的な痛みはかなり改善され、痺れも無くなった。

ゴルフの試合にもなんとか参加することができた。

まだ痛みが残っている部分があるので、アイシングを促しながら、効果が良かったローラーの治療を継続し、骨格・筋肉の調整をしていく。

現在の状態

現在は腰の痛みはなく日常生活に問題はなく生活している。しかし、まだ動作の中で怖さがある動きがあり、骨盤の歪みも感じてきている。

今後は、痛みが再発しないように、根本となる骨格骨盤の歪みを取るために骨盤矯正に取り組んでいる。

ゴルフを満足してできるようになり、喜ばれていた。

患者様からのコメント

ゴルフの試合が近い状態で腰を痛めてしまい大会に出れるか不安でしたが、治療を受けた後には痛みがかなり減り、動けるようになりました。試合も出ることができ安心しています。

その後も、体の状態に合わせて治療してくださり、その都度改善しているので感謝しています。今後は体の歪みをしっかりとって、また痛めないようにしたいです。

担当者からのコメント

まずは痛みがとれ、日常生活を問題なく送ることができ嬉しく思っています。まだ身体の歪みが残っているので痛みが再発しやすい状態です。良い状態を安定させるには日常生活での意識が大切になってきます。

より良い身体を作っていくために一緒に頑張っていきましょう!

ぎっくり腰について詳しくはこちら

ぎっくり腰

この記事に関する関連記事