60代男性:腰〜殿部の痛み・足の痺れ

来院動機

2ヶ月前より、重いものを持つとき、起床時起き上がる時に腰から殿部にかけて痛みが出るようになり、やがて足先まで痺れを感じるようになった。日常生活にも支障がではじめ、かなり不安になり、奥さんのご紹介により来院。

問診内容

痛みのきっかけ

畑作業をしていて、前かがみの姿勢が多く、重いものを持ち上げて移動させようとした際に、腰に力が入り痛みが出現した。その後、殿部にも痛みが出現した。

どのような時に痛みが出るか

前屈みの状態から、重いものを持ち上げる時が一番辛く、起用時にも痛みが出る。

また、足先まで突っ張るような痺れ感も出現。

身体初見と治療、経過

初回施術

骨盤の前傾が強く、重心が前にあるため、腰に常に圧迫力が生じている状態である。

筋硬結も腰部〜殿部にかけて多く存在し、筋肉の針が強く、神経を圧迫しやすい状態である。

筋硬結をMPF療法で処置し、筋肉のハリをとり、特別なローラーを用いて腰部〜足先にかけて治療を施した。

痛み・痺れはまだ残るが、施術前より改善し、歩きやすくなった。

2回目以降も、アイシング等も行いながら、同様の治療を行う予定。

5回目の治療

痛み・痺れには波があるが、少しずつ改善傾向にある。

新たに足がつりやすくなってしまった。

まだ痛みの強い日もあるので、アイシングを徹底しながら治療を継続していく。

12回目の治療

痛み・痺れはなくなり、足に張り感が残る程度になり状態がかなり良くなった。

スムーズに歩行でき、重いものを持っても痛みが出現しなくなった。

日常生活を楽に過ごせるようになってかなり喜んでいられた。

現状〜

症状が改善し、定期検診を行っており、症状が再発しないように体操等のアフターケアに力を入れている。

その後は症状が再発していなく、経過良好である。

患者様からのコメント

少し動いたりするだけでも、痛くなるので生活をおくるのが大変でした。また足先の方まで痺れが広がって来たので不安でした。

最初の治療を受けた後、身体が少し楽になり、もしかしたら続けて治療していけば治るんじゃないかと希望が見えました!

今は痺れも痛みもないため、メンテナンスで通わせていただいています。

体操や軽い運動なども今後はじめていこうと思っています

担当者からのコメント

痛み・痺れが取れたことがまず何よにです!

症状が改善された後は、予防・メンテナンスが大切になってきます。普段の姿勢を正していくことは勿論ですが、身体の状態を判断していきながら体操等を指導していきます!

また身体に症状がでないように一緒に頑張っていきましょう!!

坐骨神経痛について詳しくはこちら

坐骨神経痛

この記事に関する関連記事