20代女性:胸郭出口症候群

来院動機

1週間前から、左手第2〜5指が動かしにくくなり、左腕全体に痺れが現れるようになった。指を動かそうとすると、指先に血が溜まる感覚が現れ、首にピキッとした引っ張られるような痛みが出現した。長時間デスクワークをしており、猫背等の姿勢の歪みも気になっており、長時間座っていると腕の痛みが出現する。このままだと仕事にさらに影響してくると不安になり近所の当院に来院された。

身体所見、治療経過

初回施術

頚部〜前腕部にかけて、筋肉の過度な緊張がみられ、右腕に比べ、患部である左腕の拍動の減弱が確認された。頚部は正常位置よりも前方に位置し、前頚部・背部の筋肉を過度に緊張させている為、頚部・左腕に運動障害がみられた。頸椎の歪みも確認でき、痺れを助長させている状態である。また、深い睡眠を取れておらず、かなり疲れている状態であった。

まず、筋肉調整を行い、頚部・背部・左腕の筋緊張を取り除き、特殊なローラーを用いて、頸椎の歪み、過度な前方転移に対しての処置を行い、左頸〜腕の筋肉・神経・血管へのアプローチをし、痺れの緩和処置を行なった。

最後にテーピングを施し、治療状態の維持を行い、アフターケアとして、アイシングを指導した。次回以降も状態をみていきながら治療を行う。

2回目の施術

好転反応により、頚部に痛み・だるさが多少出現してものの、左腕の痺れ・重だるさはかなり改善された。指に血が溜まる感覚はまだ残るが、動かした際の頸・腕の引っかかる感覚は改善され、以前よりも仕事がしやすくなったと喜ばれていた。頸椎の歪みも改善傾向にある。

前回同様、筋肉調整、ローラー治療を行い、症状改善に努め、歩き方・座り方などの生活習慣の指導を行なった。

5回目の治療

腕の痺れ・血の溜まる感覚はなくなり、頸椎の歪みもほとんどない状態である。長時間デスクワークをしても症状が出現せず喜ばれている!

現在

症状が再発しないように、予防を見据えた治療を行っており、メンテナンスで通院されている。運動不足も痛感されており、院内での筋肉トレーニングにも力を入れている!

患者様からのコメント

はじめはどんどん痺れが強くなっていって、やがて腕が動かなくなるんじゃないかと心配になりました。

はじめのカウンセリングで今の体の状態を細かくわかりやすく解説してくださりましたし、治療が終わると、かなり体が楽になったので安心しました。

スタッフの皆さんの雰囲気もいいので通いやすいです。これからも再発しないように体作りを頑張りたいです!

手のしびれについて詳しくはこちら

手のしびれ

この記事に関する関連記事