20代女性:頭痛・ストレートネック

来院動機

半年前から、在宅ワークを始めてから、頻繁に頭痛が出るようになった。仕事後や、長時間歩くと頭痛が出る。毎日薬を服用しながら生活していた。

1週間ほど前から、頚・肩にも痛みが出現するようになった。仕事終わりがとても辛い状態である。

元々、頚が前に出るのが気になっていて、ストレートネックの疑いがある。

痛みがなかなか抜けず、薬の量が増加してきて、かなり不安になり、インターネットで検索し来院。

問診内容

痛みのきっかけ

半年前から、在宅ワークとなり、8時間デスクワークを行なっている。机の高さが身体にあわず、首を前に出して仕事をしており、目線が下がってしまう傾向にある。

元々、ストレートネックの傾向があり、頚・肩周りは、筋肉の緊張が強く、痛み・ハリ感はあった。

また、頭痛が出るようになってからは、睡眠が思うようにとれず、熟睡出来ていない日々が続いていた。

身体所見・治療経過

初回施術

頚部の前傾が強くなっており、合わせて頚・肩の筋肉が引き伸ばされる状態になっていて、頚・肩の筋肉の緊張が強い状態であった。

また、骨盤・背骨の歪みが出ており、反り腰、猫背のような不良姿勢になっていた。その影響で、脳からの神経の流れ・血流に乱れが出ている状態になっていた。
まずは、骨盤・背骨の歪みを改善するために、背部に対して、特殊なローラーをかける施術を行なった。次に、頚・肩・背中の筋肉の緊張を除去するために手技を施し、筋肉の調整をした。

治療後の身体の状態を長期間保つために、頚部にテーピングを施し、アフターケアとして、頚部にアイシングをすることを促した。

次回も経過を見ていきながら治療していく。

2回目の施術

前回の施術後から、頭痛が出なくなった!睡眠もしっかりとることができ、満足されていた。

しかし、頚・肩の張り感・可動域は、改善はされたきたが、まだ本来のものではない。

前回同様、頚部を中心としたローラーの治療をし、骨格・骨盤の歪みを除去していく。さらに、筋肉調整に加えて、鍼治療を用いて、筋肉の緊張の除去、自律神経系の安定をはかっていく。

6回目の施術

頭痛が全くなくなり、薬を飲まなくても生活できるようになった!頚・肩のハリ感、可動域制限も正常範囲まで改善し、生活に支障がでないほどまでとなっている。

仕事後も頚・肩が気になることもかなり減った!

現状

頚・肩の歪みはかなり改善されたので、今は背骨や骨盤など、全身のメンテナンスを行い、再発防止に取り組んでいる!

患者様の声

はじめは毎日頭痛がひどくて、薬を飲まないと、生活できないほどでした。病院に行っても治らず、整骨院に行けば治るかもしれないと、友達に教えてもらい、整骨院に初めていきました。

はじめは緊張しましたが、治療後はかなり体が楽になり、頭痛が良くなりました!何より薬を飲まなくても生活できるようになったことが嬉しいです!

今後は再発しないようにメンテナンスを頑張っていきたいです。

頭痛について詳しくはこちら

頭痛

この記事に関する関連記事